NFCタグ・NFCデータキャリア

NFCタグ・NFCデータキャリア

製品概要

本製品はNFCフォーマットに準拠した非接触ICカードおよびタグのことです。NFC対応製品は広く一般的に使われているスマートフォン(iPhoneはiOS 11以降)で特別なアプリケーションを使うことなく読み込めるという特徴を持っています。
当社のNFC製品の特徴は、形状やメモリ容量などお客様の必要とされるコンテンツに合わせて選択できることです。自社もしくは自店舗の広告宣伝にご使用されたり、広く一般の方々が使えるシステム構築などにも最適です。

NFCタグ

NFCとはNear Field Communication いわゆる近距離無線通信技術です。
NFCは、ISO/IEC18092(NFCIP-1)及びISO/IEC21481(NFCIP-2)に準拠する規格です。実際の推進については、NFCフォーラムがこの国際規格に則り、既存の非接触ICカードとの互換性を考慮した実装仕様を決めてNFCの普及を進めております。
NFCデバイスには①リーダライタ機能②Peer-to-Peer機能③カードエミュレーション機能と3つのモードが存在します。この内のリーダライタ機能を使う時に、4つのタイプのタグを読み取れることが義務付けられており、当社ではこのタグをご提供しております。
2013年5月現在の規定ではNFCタグは下記のようになっています。

  • NFCタグT1 = Topaz
  • NFCタグT2 = MIFARE Ultralight / MIFARE Ultralight-C / NTAG
  • NFCタグT3 = FeliCa / FeliCaLite(-S)
  • NFCタグT4 = MIFARE DESfire(ISO14443-4)

上記の通りNFCフォーラムは、NFC推進のためICチップの指定を行い、メモリフォーマットについて共通化を図っております。一般に使用されるNFCカードやNFCタグとは、NFCに対応した通信プロトコルを持ち、NFCフォーマットをエンコードされている非接触ICカードやタグのことを指します。

NFCタグ スタジアムでの利用方法

スタジアムでの利用方法

NFCタグメモリサイズ

枚数 メモリーサイズ ユーザメモリ URL最大長(文字) NFCタイプ
FeliCaLite-S 432バイト 240バイト 408 タイプ3
MIFARE Ultralight 64バイト 46バイト 80 タイプ2
NTAG213 180バイト 144バイト 272 タイプ2
NTAG215 540バイト 504バイト 992 タイプ2
NTAG216 924バイト 888バイト 1760 タイプ2

NFCとは

NFCとはNear Field Communication (ニアフィールドコミニケーション)と呼ばれる近距離無線通信技術のことです。
近接通信システムには様々なタイプがありますが、NFCを使うことによりブルートゥースやWi-Fiなどの認証に使われる面倒なPIN入力などを避けることができます。イメージとしては携帯電話間のアドレス交換などで使われていたIrDAの代わりに使われるのがNFCのPeer-to-Peerモードです。

【 NFCデバイスの3つのモード 】

①リーダライタモード

このモードの時、ICタグやカードを読み書きします。

②Peer-to-Peerモード

デバイス間の通信を「かざす」という行為を通して行います。

③カードエミュレーションモード

あたかもカードのような振る舞いをするモードです。

【 NFCの特徴 】

  • ①通信速度が比較的速い
  • ②操作(認証)が簡単
  • ③規格が国際標準で決まっている
  • ④アンドロイドOSの標準機能として搭載されている
  • ⑤既存の非接触ICカードと互換性がある

NFCは元々普及している非接触IC技術の下位互換規格です。また、アンドロイドOSの標準機能として搭載されており、スマートフォンやタブレットPCの普及に合わせて、当初から一般市民の利用を目指して作られた規格と言えるものです。

NFCタグの使い方

NFCは当初から一般市民への幅広い普及を目指して作られた規格ですが、使い方としては以下のようなことが考えられます。

  • 1.スマートポスター
  • 2.店舗でのクーポン発行
  • 3.会員管理
  • 4.トレーサビリティ
  • 5.懸賞品やプレゼントを活用したWebへの誘導

ここに列挙したのは、ほんの一例に過ぎません。NFCはWebと実体物との紐付や、スマートフォンやタブレットPCなど実物と実物との繋がりを容易にしてくれる機能です。