アニマルタグ(耳標型タグ)

アニマルタグ(耳標型タグ)

■一般特性

サイズ 550mm×850mm/700×800mm
対応ICチップ Monzaシリーズ
アンテナ アルミエッチング
通信距離※1 UHF(Monza5) 50mm~500mm
動作温度 -20℃~70℃

※1. リーダや周辺環境によります。

■特徴

畜産業や実験動物の管理用ICタグです。
アニマルタグを使用して、RFID無線通信による個体管理を行うことが可能となります。
これまで欧州を中心にLF帯ICタグが家畜管理に使用されてきましたが、国内でも畜産業における
労働力不足の背景から、RFIDシステムの導入が進んでいます。
UHF帯のアニマルタグは、BSEの問題を発端に、米国を中心に普及しています。
当社では、長距離通信可能なUHF帯と読取が安定するHF帯によるICタグの選択が可能です。

■電気的特性

国際規格 ISO14443 typeA/ISO15693
エアインターフェースプロトコル ISO18000-3
動作周波数 13.56MHz
ICチップ IcodeSLIx/Mifare1K/UL/FeliCaLite-S/Monza5
メモリ内容 HF:Mifare1K= ID=4バイトor7バイト ユーザメモリ=752バイト
HF:MifareUL= ID=7バイト ユーザメモリ=48バイト
HF:FeliCaLite-S= IDM=8バイト ユーザメモリ=224バイト
HF:IcodeSLIx= ID=8バイト ユーザメモリ=112バイト
UHF:Monza5= EPC:128bits ユニークTID:48bits ユーザメモリ:0bits

■使用環境

動作温度 -20℃~70℃
保管環境 1年間 20℃/湿度50%