FeliCaカード FeliCaLite-S

FeliCaカード FeliCaLite-S

FeliCaLite-sカード(フェリカライトエスカード)

フェリカライトSはフェリカライトの後継版と言えるICチップです。
FeliCaカードと互換性を持った通信プロトコールとIDmをもち、FeliCaカードよりも廉価で使い勝手の良いカードです。
セキュリティ面ではフェリカスタンダードカードには劣りますが、MAC付書き込み機能が追加されたことにより、キーセキュリティ機能が追加されフェリカライトよりも大幅に改善されています。
また、省電力化されたチップは様々な形状のアンテナに親和性があるので、お客様の要望に合わせた形状のタグとしてもお使いいただけます。

印刷・加工ナインナップはこちら

■FeliCaLite-Sの特徴

1. セキュリティ機能の向上

  • ① フェリカライトはMACつき読み出し機能だけでしたが、フェリカライトSはMACつき書き込み機能が追加となり相互認証が可能になりました。これによりキーセキュリティ機能が実現するとともに、リードデータ及びライトデータの改ざん検知が可能となりました。
  • ② ユーザブロックはブロック毎にR/WもしくはR/O、認証の要/不要、MAC書き込みの要/不要の制限がかけられます。

2. チップについて

  • ① チップの省電力化を進めた結果、今まで以上に様々なアンテナに対応できるチップです。
  • ② チップサイズを小さくした結果、壊れにくいチップとなりました。(フェリカライトとの比較)

3. 互換性

フェリカライトSはフェリカライトと同じファイルフォーマットを持っており、フェリカライトと同じ環境で使うことが出来ます。

■FeliCaLite-Sの用途

  • ① 勤怠システム/簡易ログ管理・・・・・カードのシリアル番号(IDm)を使用したシステム
  • ② PCログイン/プリンター認証・・・・カードのシリアル番号(IDm)を使用したシステム
  • ③ ポイントカード・・・・・・・カードにデータを書き込み(エンコード)を行って使用。MAC認証を使用したデータ読み出しを行うことで、不正読取りを防止。
  • ④ セキュリティカード・・・・カードにデータを書き込み(エンコード)を行って使用。

フェリカライトエスブロック構造図

ユーザブロック 00h 自由に書き換え可能なブロック
01h
02h
03h
04h
05h
06h
07h
08h
09h
0Ah
0Bh
0Ch
0Dh
0Eh 減算専用のブロック
認証機能ブロック 80h 認証に使われるブロック1
81h
システムブロック 82h フェリカライト-Sとしてのシステムを格納してあるブロック
83h
84h
85h
86h
87h
88h
認証機能ブロック 90h 認証に使われるブロック2
91h
92h
検査用ブロック A0h CRCを一括でチェックするブロック

部分はFeliCaLiteにはなく、FeliCaLite-Sから新しく追加されたブロックです。

データシート

非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
通信
周波数
通信距離 規格 データ容量 書込回数 データ保持期間 構造 シリアル アクセスキー
FeliCa RC-S962 13.56MHz 近接 ISO18092 2464バイト 100億回 10年 自由設定 8バイト あり
FeliCaLite-S
RC-S966
13.56MHz 近接 ISO18092 432バイト 10万回 5年 16バイト×28ブロック 8バイト あり
非接触
ICカード
全般 メモリ セキュリティ
規格 構造 アクセスキー
FeliCa RC-S962 ISO18092 自由設定 あり
FeliCaLite-S
RC-S966
ISO18092 16バイト×28ブロック あり